病院のメディカルソーシャルワーカー様方へ

  • HOME
  • ソーシャルワーカー様へ

私たちがお約束できること


1.先ずは退院を決めてから考える

2.元々の主治医を大切にする

3.一日でも早く自宅へ戻られるよう努力する

私達は在宅療養支援診療所として、在宅での認知症ケア、高齢者ケア、障害者ケア及び緩和ケアの広い分野において在宅生活を援助し、日々札幌市内を奔走しております。

退院調整にあたりお困りのことがありましたら、いつでも私たちにご相談をくださいませ。

私たちは、「先ずは退院を決めてから考える。自宅に戻られてからスタッフが計画を組んで在宅での援助を差し上げる」ことを第一義にしております。
地域連携室から一報を頂ければ、先ずは退院予定日を伺います。
迅速にかつ積極的に、ケアマネジャーの確定、介護サービス導入の計画、退院時カンファレンスの参加、など在宅復帰後の計画を建てさせて頂きます。

外来通院中の患者様について訪問診療の提案を頂いた場合も、病院で患者様を診て下さっている主治医と患者様との信頼関係を維持していくことが大切で、
その方針に沿った在宅ケアを提供することが訪問診療の本来の職務だと考えております。

当院は平成30年12月に中央区南1条東2丁目へ移転致しました。
今までの訪問診療機能に加えて、外来でも24時間かかりつけ医としての役割を担うことで病診連携を図って参ります。

当院の医師、看護師、社会福祉士、及びケアマネジャーが一緒となって重症の患者様を診させて頂く機会を頂けましたら、
スタッフ全員でミーティングを行い、患者様にとって良い計画を策定して参ります。

「このクリニックに依頼をして良かった」と地域連携室の皆様からお言葉を頂けるよう、努力して参る所存です。
今後ともなにとぞによろしくお願い申し上げます。